【2月29日(木曜日)開催】『アイディアを発想する 製品開発ワークショップ』のご案内

(一財)さっぽろ産業振興財団では、ものづくり企業が抱える経営課題のワークショップを開催いたします。

作りたい製品・サービスを開発するプロダクトアウトが強いものづくり企業について、自社の強みを活かした価値あるマーケットインの発想を身に付けるワークショップです。ワークショップ終了後には講師や参加者との交流会も開催いたします。

開催概要

プログラム

『マーケットインとプロダクトアウトの視点を融合したアイディア発想』~SDGsを切り口にした発想にフォーカス~

開催日時

令和6(2024)年2月29日(木曜日) 14:00分から17:00分(開場13:30分)

場所

札幌市白石区東札幌5条1丁目1番1号

札幌市産業振興センター1階 Sapporo Business HUB

内容

ワークショップ&交流会スケジュール                                  
時 間

内 容

13:30

受付

14:00-17:00

『マーケットインとプロダクトアウトの視点を融合したアイディア発想』          

     ~SDGsを切り口にした発想にフォーカス~

自社の製品・サービスの検討アイディアを出し、SDGsのフィルターを通して

開発アイディアを選定していくグループワークです。

17:30-19:00

山村 真一 氏を囲んだ交流会 

※参加費として500円のご負担をお願いいたします。

ワークショップチラシ

講師

山村  真一 氏 (株式会社コボ 創設者/会長)

三菱重工業㈱ 商品企画部入社。イタリアトリノ派遣・カロッツェリアにてデザインを学ぶ。三菱自動車工業チーフデザイナーとして、ギャランFTO、ランサー等の企画、デザインを手がける。1973年からデザイン事務所㈱コボを設立、代表取締役社長に就任。素材開発から流通までトータルな開発業務を目指し、素材や技術を商品化するまでのトータルデザインやブランド・メーキング・プロジェクトにおいて活躍中。企業の新製品開発に数多く携わる中で、OEMから自社ブランドの立ち上げや下請メーカーから業界トップメーカーに導くなど、豊富な支援実績を有します。 

➡ 山村 真一  氏  インタビュー  https://www.sec.or.jp/product-d/yamamura.html(新規ウィンドウで開く)

対象者

札幌市及び近郊の中小ものづくり企業にお勤めの方など 

定員

20名程度(※定員になり次第、締め切ります。) 

※参加無料

※当日は受付にて名刺を1枚ご提出ください。体調不良等の方は入場できません。

※悪天候等で中止となる場合がございます。ご了承ください。

応募

2024年2月27日(火曜日)締切 下記よりお申込みください。

【申込フォーム】(Googleフォームへ移動)(新規ウィンドウで開く)

お問い合わせ先

一般財団法人さっぽろ産業振興財団 食・ものづくり産業振興部 ものづくり産業振興課

TEL:011-817-7890 Email:mono_kikaku@sec.or.jp (担当:牧原、佐藤)