マレーシア 道産食品オンライン商談会 参加企業募集のご案内 ※終了しました

札幌⾷と観光国際実⾏委員会及び(⼀財)さっぽろ産業振興財団では、北海道の認知度が⾼く道産⾷品への潜在的ニーズが認められるマレーシアにおいて、現地⾷品バイヤーを広く集める商談会を実施し、札幌市内及び道内輸出志向企業の新規市場開拓を促進する⽀援をいたします。

 

実施概要

日程

令和3年10月13日(水曜日)

※完全オンライン商談会の場合:令和3年10⽉11日(月曜日)から15日(金曜日)実施。

方法

会場に商品サンプルを展⽰して来場するバイヤーに見てもらい、同会場にて事前に
マッチングしたオンライン商談を実施。

※現地のコロナ感染状況が拡⼤した場合、展⽰会場は使⽤せず、サンプルは商談
予定バイヤーへ送付の上、10⽉11日から15日の5日間でオンライン商談を実施。

主催

札幌⾷と観光国際実⾏委員会、(⼀財)さっぽろ産業振興財団

対象企業

北海道内に本社を有し、且つ札幌市、小樽市、函館市内のいずれかに営業所等の
拠点を有する食品関連事業者

募集企業数

15社

※応募多数の場合は、主催者により選考させていただく場合があります。

募集商品

常温及び冷凍販売可能な道産⾷品 賞味期限180⽇以上

※有望商品カテゴリー:⽇本酒、菓⼦、おつまみ類

<対象外・禁⽌品⽬等>

  • 肉製品(加工⾷品に含まれる畜肉エキス・パウダー類は除く)、⽶
  • マレーシアの輸⼊規制や検疫条件等により輸⼊禁⽌及び制限のある商品
サンプル輸送
  • 常温品は事業者にて発送対応(※補助あり。1社あたり上限1万円)
  • 冷凍品はサンプル発送なし(※商談後に要望に応じて個別発送)
  • 1社最大3アイテムまで
  • 1商品につき各2個×商談件数分

※輸送に関する詳細は、参加企業決定後にご案内いたします。

出品者負担

サンプル代、現地指定場所までのサンプル輸送費、商談に伴う通信費(インターネット
通信費等)、その他個社別に発生する費用

主催者側負担

商談会に関わる経費(会場費、初回オンライン商談の通訳費、バイヤー来場アレンジ
費、機器費、運営費、商談アレンジ費)、現地指定場所までのサンプル輸送費現地サ
ンプル配送費(⼀部負担)、現地国内配送費

 

マッチング商談

形式

事前個別マッチング形式にてオンライン商談(Zoom使⽤予定)を実施
商談件数 1社 4件以上(取扱商品により変動する可能性あり)
通訳 現地で⼿配いたします。
参加バイヤー

日系・中華系を中心とする⾷品バイヤー100社程度に声掛けいたします。

 

スケジュール(予定)

募集期間 令和3年7月15⽇(⽊曜日)から7月30⽇(⾦曜日)17時まで
商品決定 8⽉上旬
企画書提出 8⽉中から下旬
サンプル出荷 9⽉中
商談時間割決定 9⽉下旬

 

応募について

応募締切: 令和3年7⽉30⽇(⾦曜日) 17時必着

 

お申込み・お問合せ先

(⼀財)さっぽろ産業振興財団 販路拡⼤⽀援部 販路拡⼤チーム 担当:尾崎・⾦⾕

TEL: 011-817-7890  Email: export@sec.or.jp

 

募集案内及び申込書は、以下よりダウンロード願います。

募集案内リーフレット(PDF)

参加申込書